大黒雅貴のタブロイド私的な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 出雲路へ

<<   作成日時 : 2013/10/29 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 毎日更新を掲げていた当ブログでございますが、開設1ヶ月も経たないうちにその目標はあえなく撃沈という格好になってしまいました。理由はタイトルにもあるように出雲路へ行っていたから。60年に一度の式年遷宮を神無月の頃に友人と4人で行ってきました。全員♂ばかりです。1泊2日という強行スケジュールでしたが、とても楽しかったですね。おっと、そうなると昨日の更新は??ってことになりますが、これは土日に留守にしたもので昨日はその分仕事や用事がぐっと取り込んでいました。それで、どうしても片付けなければならなかったというのと、本日のゴルフのために睡眠を取らなければいけなかったという理由なのでどうかご勘弁をお願いします。

 土曜日は朝8時に集合。しかし1名がまだ来ない。名前はXだ。他の2名(MとY田にしておこう)とは今回と同じように1泊で温泉旅行に行ったことがありよく知っているが、Xとは面識がないのでどんな人物なのか興味津々であったが、いきなり出鼻を挫かれたといったところか。そのXともほどなく合流し車で小休止を取りながら出雲路へ。11時30分には宿泊ホテルに到着していましたが、チェックインは15時のため、荷物を預かってもらい出雲大社へ向かうことにしました。当初は車で出雲大社へ行く予定でしたが、60年に一度の式年遷宮ということで出雲大社の近くの駐車場は大変込み合っているとの情報を得たので、一畑電鉄という地方の私鉄で向かうことに。この一畑電鉄の車両なんですが塗装がとても凝っています。出雲大社は”ご縁”の神様で有名ですので列車は「”ご縁電車”しまねっこ号」というピンク色の電車が走っています。行きはこの電車ではなかったのですが、帰りは「”ご縁電車”しまねっこ号」で帰りました。そのピンク色の車両ですが以前は京王電鉄で走っていたもののお下がりなんですね。冷静に考えると地方の私鉄ですから経営状況は決して豊かではないでしょうからお下がりも仕方がないと言ってところでしょうか。

画像


 さて出雲大社に着いてからですが結構な人が来られていますね。遠くは北海道ナンバーの車も見かけました。私は出雲大社へは10回ほど来たことがあるのですが、今まで見たことがないほどの方が来られています。沢山の人の波とともに鳥居をくぐり本殿へと向かいました。出雲大社の回りにある山のような鬱蒼とした鎮守の森を見ていると、私たちの祖先が自然崇拝をしてきたこと、そして山には祖先が眠っていて私たちを見守ってくれているんだなと心の中で感じずにはいられませんでした。また参拝に来られている多くの人々が神に対する畏れ慈しみの心を見させていただき、日本人の美しさをあらためて感じ清々しい気持ちになりました。

画像


 参拝を終え名物の出雲そばを食べホテルに戻りました。参拝中は少しだけ雨に打たれていましたが「”ご縁電車”しまねっこ号」に乗る頃は青空が出ていました。

 本日は出発から参拝までの様子をお伝えしましたが、それ以降の様子については明日以降に。ではまた。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
出雲路へ 大黒雅貴のタブロイド私的な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる